【理由】なぜセミリタイアしたのか


今日は、
「なぜセミリタイアしたのか」について話したいと思います。

理由は大きく2つあります。

f:id:I_enjoy_alone_time:20191102110211j:plain

①サラリーマンとして限界を感じたため

僕は「サラリーマン」として限界を感じていました。

サラリーマンは
組織の中で周りの人と協調して成果を出し、かつアピールをしなくてはいけません。

僕は営業職にも関わらずコミュ障で
また成果をアピールすることもあまり得意ではありませんでした。

社会人経験の中で
自分がサラリーマンとしての適正や能力が低いことは、否が応でも痛感しました。

2、3年ぐらいだったら、騙し騙しで仕事できたでしょうが
これが5年・10年ぐらいの長期で見たら、僕は間違いなくクビになっていると思います。

その時に慌てて人生を立て直そうとしても、中々大変です。
しかも僕のやっていた仕事は大したスキルは身につかないため、なおさら悲惨です。

高い確率でそうした未来になるのが分かっているのであれば
先手先手で対策を取っていきたいと思いました。

僕が大切にしている考え方に、
「強みを伸ばしたら特別な人になれる
弱みを伸ばしても1人前にしかなれない」というものがあります。


不得手であるサラリーマンで
一生懸命努力してもせいぜい1人前(下手したら半人前)

そうなるぐらいだったら
自分の内向的な性格や強みを活かして
自分の好きな領域で頑張ったほうがよいのではないか。

最初は大変かもしれないけど
自分の好きなことなので苦にはならないだろう。

長くなりましたが、
まあサラリーマンを逃げたってことです(笑)

②世の中のことを色々勉強したかった

経済や社会がどうなっているのか
これから世の中がどう変わっていくのか
すごい興味があるし、色々勉強したかったです。

新聞を読んでても
知識がないため表面的なことしか分からず、

もっと世の中のことを知りたいし
もっとたくさん本を読みたいなって気持ちが年々増えてきました。


もちろんサラリーマンしながらでも勉強はできたし、
辞める必要はなかったですけど

幸い、僕は結婚もしてないし、車や家のローンなど大きな借金もない。

身体が元気だったら、最悪僕1人ぐらい生きていけるだろうと考えたので
怖かったけど勇気を振り絞って、セミリタイア生活を選びました。

最後に

どこまでこの生活が続けられるかは分かりませんが
いけるとこまで挑戦していきたいと思います。

人生は挑戦!