退職して初めての平日に感じたこと

f:id:I_enjoy_alone_time:20191102111413j:plain


9月27日(金)が会社の最終出社日だった。

その日は飲み会があった。
お店を出て、ほろよい気分で帰りの帰路につきながら

「あー、これでもう出社することもないな、本当に最後だなー」

と思ったが、不思議とあまり退職した実感はわかなかった。

あれだけ「早く来ないかなー」
ワクワクして待ち望んでいた最終出社日が
終わったのに、
いつもと何も変わらなかった。

いつもの金曜日が終わり明日から休みの土日に入る、毎週変わらない金曜日の夜の感じと同じだった。

土日は疲れていたこともあり、家でゆっくり過ごしていたのだが、そこでも退職の実感はわかなかった。

 


そして
9月30日(月)
その日は10月以降に暮らすことになる埼玉のURに鍵の引き渡しで伺う予定があった。

前住んでいた神奈川のマンションからは2時間くらいかかるため、朝9時に電車に乗った
いつもの通勤とあまり変わらない時間帯だ。

電車の中はいつもと変わらなかった。
スーツ姿のサラリーマンや学生たちがスマホをいじっている。
見慣れたいつもの光景だ。

ただ一つ違う点があった。

僕の服装だ。
いつものスーツ姿ではなく私服を着ていたのだ。

最初はなにか違和感を感じたが、
次第にそれが

「ああ、本当に会社辞めたんだな」

と退職の実感に変わっていった。


と同時に

何にも縛られない「自由」への解放感と、
これから起こること全てが自分の「責任」なんだという重圧のような恐怖を感じた。

正直言うと不安感のほうが強く、
「本当に正しかったのかな」と考えずにはいられなかった。

ただ、

もう後には戻れない

戻れないのだ。
時は元に戻せない。

この選んだ選択が正しかったかはわからないけど、
選んだ以上、これからはこの選択を正しくしていくしかないのだ。

リスクたっぷりの道を選んだが、
リスクとリターンは裏表だということは
投資の世界では常識だ。

大きなリターンを夢見て
前に進んでいきたい。